歯石除去後に自宅でデンタルケアを続けていた子と、そうでなく何もしなかった子では口腔内の様子は大きく変わってきます。

それぞれ歯石除去3か月後の状態です。

ケアを続けていた子

何もしなかった子

何もしないとすぐに歯石がついてきてしまい、歯石除去する前と同じ状態になってしまいます。

自宅での定期的(できれば毎日)なケアと、動物病院での定期的なケアにより歯周病予防は達成されます。

獣医歯科の専門医に言わせると

①自宅での歯ブラシによる1日2回のデンタルケアと

②動物病院での半年に1回の麻酔下での予防歯科処置(スケーリング、歯周ポケットの清掃etc)

が必要だそうです。

1回歯石除去して終わりではなく、その後のケアも大事だとお話させてもらっています。

 

PS. 自宅でのデンタルケアは歯ブラシが理想ですが、慣れるのに時間もかかるし、なかなか難しいです。すぐに使えて、長く継続しやすいグッズも紹介しています。お気軽にお問い合わせください。