大阪での開催ですが、飼い主様向けセミナーの紹介です。

宣伝をお願いされましたので、ご紹介します(^-^)

 

僕自身は代診2年目くらいに岸上先生のセミナーを聞いたことで

「再生医療」を知り、

「医療というのは自然治癒力をサポートしているだけ」

だということに気付くきっかけをいただきました。

そのことが、代診を続けていく中で

「できる限り『確定診断』を行うことで、

『根本的な治療』を行う」

ことを目指す当院の診療方針が築かれていった

発端になっていると思います。

 

 

岸上先生とはその後、沖縄の地で共通の知り合いの先生を介して

直接お会いしてお話を伺うことができ、

当院の開院前には岸上獣医科病院(新病院建設中だったので仮病院)

http://www.dr-kishigami.com/

に伺い手術の見学もさせていただきました。

 

岸上先生は京都大学・再生医科学研究所で

脊髄損傷に関する研究をされていました。

現在、獣医再生医療学会の会長もされています。

 

とてもとても穏やかで、柔らかな話し方をされる先生ですが(*^^*)、

動物治療に関して「強い芯」をもって取り組まれています。

とてもわかりやすくお話してくれると思いますので、

可能な方は一度お話を伺ってもらいたいです。

 

 

以下、岸上先生からのご案内文を転載します。

大阪市の阿倍野区で動物病院をしております、代表の岸上義弘と申します。

このたび10月に新しい病院が完成し開院します。やはり大阪市阿倍野区です。

病院名は「岸上獣医科病院」です。

病院の新築を機会に、セミナー室において飼い主様向けのセミナーを開きたいと思っております。とくにトイプードルの飼い主様向けに、骨折や脱臼の新しい治療法についてお話させて頂こうと思っております。当院では、自然の摂理に沿ったやり方を追求しており、なるべく患者様にとってダメージの少ない方法で、痛くなく早く頑丈に完治させたいと願っています。再骨折や再脱臼がなく、飼い主様に安心して頂けるようにと考えております。

 

私はそういう新しい整形外科の講演を、日本中、そして世界12カ国で獣医さん向けに講演しており、支持を得ています。もしも昔からの古い教科書的なやり方を実施すると、大きな副作用が起こることがあります。つまり頑丈な大きなプレートを骨折部に使い、寸分の狂いもなく完全に固定すると、骨折の治癒ができにくくなり、さらには骨が細く薄く消えていくということも多々起こっています。そしてそういった失敗症例が全国から私のところに来られるのです。

私は危機感を感じ、なんとかしようとしましたが、獣医さん達を説得するのはなかなか難しい。それならば、飼い主様にもっと賢くなって頂こうと考え、本を出版しました。「獣医の手術は間違いだらけ」(幻冬舎)という本です。

そして、膝蓋骨脱臼。これも現在の教科書には再発を起こしやすいマズイ治療法が書かれています。岸上獣医科病院では、もっと根本的に膝蓋骨脱臼の原因から見つめ直し、治療法を大幅に改善し、ほぼ100%の治癒率を達成しました。しかも安全確実で元の自然な形状に復することに成功しています。さらに、症状の段階によっては手術をしないでコルセットだけで治すことも可能になっています。

 

今年2018年の12月9日(日)、午後1時から4時までの3時間。当院にて飼い主様向けのセミナーを開かせて頂きますので、もし当方の主旨にご賛同頂けましたら、お越し頂きたいと思っております。そして他の飼い主様にも宣伝をお願いしたいと思っております。今回のセミナーは骨折に関して。次回は膝蓋骨脱臼。その次には再生医療による椎間板ヘルニアや自己免疫性疾患、慢性腎不全などの治療。と考えています。当院では、なるべくステロイドを用いないで治療します。

 

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

 

岸上獣医科病院 代表

岸上義弘