病院の片付け、医療機器の使用法についてのレクチャーを受ける合間に

お世話になっている卸業者の方からスタッフみんなで接遇セミナーを受けました。

業者の方にお願いすると、さまざまな製薬メーカー・フードメーカーから

製品や病気に関するセミナーをしてもらえるので、情報のアップデートをすることができます。

 

今回は社会人として根本的な部分を再確認しました。

「接遇」にはいろんな解釈がありますが、

今回は「相手に満足を提供すること」と定義していました。

その目的を達成するための手段の一つとして

「コミュニケーション」の重要性を挙げていました。

 

動物は自分だけで動物病院に来ることはできません。

動物の治療を通して飼い主さんに満足してもらい、

飼い主さんに動物病院に連れてきてもらわないと

治療を続けることはできません。

動物と飼い主さんの訴えをできるだけ理解し、

飼い主さんにちゃんと「伝わる」コミュニケーションをしていきたいと思います。

 

また、動物病院と飼い主さんのコミュニケーションだけでなく、

獣医師と動物看護師などスタッフ同士のコミュニケーション、

スタッフと業者とのコミュニケーションの重要性も再確認しました。

 

当院に来てくれる動物と飼い主さんに良い結果を提供できるように

しっかりコミュニケーションを図っていきたいと思います。

 

院長 佐々木

 

PS. 今回セミナーをしてくれたTさんも当院の内覧会に助っ人で来てくれます。若いです。気軽に声をかけてあげて下さい(笑)

Tさんにも会える内覧会の詳細はこちら