フィラリアは蚊に刺されて心臓に虫(フィラリア成虫)がわいて、

亡くなってしまう病気です。

細かくは知らなくて問題ないことなのですが、

なぜ5月末から11月末まで、月1回フィラリア予防薬を飲ませるか

正しい理由を知っていますか?

「蚊が出て1か月後から蚊がいなくなって

1か月後まで飲ませるから」

というのは細かく言うと正しくありません。

感染力のあるフィラリア幼虫を持った

蚊が出て1か月後から飲ませる」

というのが正確な表現です。

 

蚊は初めからフィラリア幼虫を

持っているわけではありません。

蚊がフィラリア成虫に感染している犬から吸血した際に

第一期幼虫(L1、ミクロフィラリアと言います)

が蚊の中に入ります。

このL1には感染力はありません。

 

寒い間はL1の成長はストップしています。

ある一定の気温を超えてくると

L1→L2→感染幼虫(L3)まで蚊の中で

フィラリア幼虫が成長します。

 

このL3を持った蚊に犬が吸血されると

フィラリアに一度は感染します。

毎月フィラリア予防として飲んでいるお薬は

効果が1か月持続するわけではありません。

(アドボケートという滴下薬は効果が1か月持続します。

室内猫ちゃんにはオススメしてます)

 

毎月予防薬を投与することで

その都度犬の体に入ったフィラリア幼虫を駆除しています。

予防薬はL3からさらに成長した

L4に対して100%の駆虫効果を示します。

そのため、蚊に刺されてすぐ!ではなく、

少し時間が経ってから、

すなわち蚊がいなくなって1か月後まで

予防薬を飲ませるようになっています。

 

そのためつい忘れがちな最後の1回の投薬が大事です。

最後の一回を忘れてしまうと、駆虫しきれなかったL3が

成虫にまで成長してしまう危険性があります。

 

蚊の存在ではなく、

感染性をもったフィラリア幼虫(L3)が

いつからいつまでいるか、ということが大事なので

HDU (Heartworm Development heat Unit)

という指標を参考に各地域で投与期間が決められています。

詳しく知りたい方はこちらから

DSファーマアニマルヘルス

 

 

蚊の存在ではなく、

気温によりフィラリア感染期間が推定され、

フィラリア予防期間が決められている、

というお話でした。

 

 

ちなみに、なぜ予防薬を開始する前に

毎年フィラリア検査を行っているか

正しい理由を知っていますか?

病院で行っているフィラリア検査は

「フィラリア成虫抗原検査」と言い、

フィラリア成虫がいないかを確認する検査です。

フィラリア成虫だけがいる状態で予防薬を飲んでも実は問題ありません。

しかし、犬の体内にフィラリアの赤ちゃん(L1:さきほど出てきた第一期幼虫)が

大量に存在する状態でフィラリア予防薬を飲んでしまうと

アナフィラキシーショックを起こして

最悪亡くなってしまう危険性があります。

 

L1自体は血液を顕微鏡で観察すると見えることもありますが、

出たり隠れたりと周期性があるため見つけられないことも多いです。

L1は犬の体内でオスとメスのフィラリア成虫がいないと

生まれてきません。

 

薬を投与する時点で、アナフィラキシーショックを起こす

L1がいないことを確認するために検査キットで

フィラリア成虫がいないことを確認しています。

 

 

下記は当院でのフィラリア予防薬です。

しっかりシーズンを通じて予防してもらいたいので、

1シーズン分をまとめてもらうと特典とパック割引を行っています。

 

7回まとめるとフィラリア検査代

(採血料1,000円、抗原検査代1,000円)が無料

さらに予防薬1回分サービス

1年間効くフィラリア注射でも

フィラリア検査代無料

3月なら10%の早割キャンペーン実施中です。

詳しくはこちら→フィラリア注射薬の早割キャンペーン

 


ご不明な点などありましたら、

お気軽にお問い合わせください!