先日、当院の患者さん(コリー)でJ.C.C.(日本コリークラブ)に所属している方からお声掛けいただき、広島県支部のマッチショー(親睦会)に参加してきました。JCCにはコリー、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)が登録されています。

 

写真はフライボールのデモンストレーションです。ドッグスポーツというと、フリスビードッグやアジリティー(障害物競走)は知っていましたが、フライングボールは知りませんでした。

一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC) – フライボール競技会とは

ハードルを飛び越えてボールをキャッチし、またハードルを飛んで戻っていく。チーム戦で行うスポーツで、早い子だとスタートして戻ってくるまで3秒台だとか。犬の本来の運動性、素早さを体感できるのが良いなと思いました。

 

しつけ教室では犬を人間の左側に付いて歩かせる練習、人間が散歩の行き先をコントロールする方法などレクチャーがありました。

その中でとても共感したのが、「犬は犬です。よほど訓練(しつけ、というレベルではなく)された犬でなければ、何かあったときにパニックになって飛び出したり思わぬ事故になる可能性があります。そのため公園などでノーリードで放すのは止めましょう」と言われていたことです。

人と犬は違います。犬は犬として、犬らしく生活してもらえたらと思います。また動物病院に来る際も、普段とは違う場所にくるため緊張したり不安を感じています。わんちゃんはリードを短く持ち、猫ちゃんはケージに入れるか洗濯ネットに入れるようにして下さい。急に逃げ出したり、他のわんちゃん猫ちゃんに危害を与えたり与えられたりしないようにしてもらえたらと思います。

 

その他、展覧会向けの手入れ、模擬展覧会などイベント盛りだくさんでした。その中で30分の時間をいただき、「歯の健康チェック」というタイトルでセミナーをさせていただきました。参加した方にはすでに知っている内容も多かったかと思いますが、「外から見える部分の歯石を取ってるだけでは歯周病は進行してしまっているかもしれません」、といったことは知らなかったという感想もいただきました。少しでも今後のわんちゃんとの生活の役に立ってもらえれば幸いです。

呼んでもらえたらいろんなところで歯についてのセミナー(犬と猫、うさぎも?)をさせてもらいます。興味のある方はお気軽にお問い合わせください(#^^#)