健康であることが確認できるのが最善ですが、どこかに異常が見つかった場合もすぐに治療が必要になるとは限りません。

その後のことは、それから考えましょう。

まずはあなたの家族の状態を「知る」ことから始めてみませんか?

 

6歳までは年1回、シニア期に入る7歳以上では半年に1回の頻度で健康診断が勧められることが多いです。

頻度に関してはどこまで手をかけてあげられるのかも関係してきますが、特に7歳以上の犬・猫で一度も健康診断を受けたことがない子では、一度全身のチェックを受けてみることを強くお勧めします。

 

健康診断を受けていただくには注意点が3つあります。

①検査当日の朝食は与えないこと、飲水はOK!

絶食状態の方が検査結果がわかりやすいです。

②朝から夕方まで(16時~17時半までにお迎え)動物病院で預かること。予約制で行います。

主に休診時間中にゆっくりと集中して検査を受けてもらうためです。

③健診結果は当日夕方に説明を行い、後日1-2週間程度で文書にまとめたものを郵送します

 

健康診断の内容

問診(普段の様子を伺います。事前に問診票に記入していただくとスムーズです)

身体検査(体重、体温、聴診、触診、目と耳と歯石のチェック)

糞便検査

尿検査(半定量UAC検査、尿沈渣鏡検込み)

血液検査(スクリーニング検査。幅広く検査します)

レントゲン検査(胸部、腹部。それぞれ2方向ずつ)

腹部エコー検査(胆嚢のみ。希望があれば別料金にて毛刈り後に腹部全体のスクリーニング検査可能)

爪切り、耳掃除、目やに取り、臭のうしぼり

健康診断では15,000円 + 診察料(+税)で行います。

 

※これらの内容は、病気で診察の場合では約2万円+診察料(+税)かかります。

実際には、病気で動物病院に来た時には症状を手掛かりに必要な検査のみを選んで行います。

健康診断では病気ではないことの確認、病気の種を見つけることが目的になってきますので、幅広く検査をすることが必要になります。

 

お問合せ・ご予約はお電話又は受付にてお願いします。

電話:082-434-9177