https://my.royalcanin.jp/user_data/urinary.php

これが何だかわかりますか?写真を撮り忘れていたため

インターネットからの引用になってしまいました(~_~;)

 

ことあるごとに、やっぱり「確定診断」が大事だよなぁと感じます。

今回は<泌尿器>編です。

 

確定診断をすることで、

・1年間続いていた症状からすぐに解放されました。

・的確な治療法を選択することができます。

・動物も飼い主さんも早くラクにしてあげることができます

 

 

今回紹介するのは、

お母さんはストレスでそうなってるのかなと思っていたことが、

実はかなりの事態になっていた話です。

 

5歳0か月齢、柴犬、避妊メスのももちゃん。

フィラリア症の予防で来院され、元気食欲等問題はないとのことでした。

診察が終わり、「他に気になることはないですか?」と聞いてみたところ、

そういえば1年前からおしっこの回数が増えたのと、

おしっこが終わったのにずっとしゃがんでいるのが気になる、

とのとのことでした。

元気も食欲もあり、おしっこに血が混じるわけでもないし、

お母さんはストレスでそんなことになっているのかなぁと

そこまで気に留めてはいませんでした。

(娘さんが大学進学で家から出て行ったそうです)

 

確かにストレスから膀胱炎になることはなくはないでしょうが、

そんなに長期間症状が続くのはおかしいと思いました。

まずはおしっこ検査をしてみましょう、と尿検査を実施したところ、

本来は無菌である尿に

ビックリするくらい大量のばい菌(黄色い丸)が

出てきていました。

尿沈渣を簡易染色したもの

 

症状が出てからの経過も長いので、

単純な細菌性膀胱炎だけではないだろうなと思っていました。

詳しくみてみましょうとレントゲン検査を強くお勧めし、

撮影した結果がこちら。

 

 

巨大な膀胱結石がモモちゃんの膀胱を占拠していました。4個も!

巨大な膀胱結石があることで、

排尿をしても膀胱がぺったんこにはならないため、

ひどい残尿感を感じ、ずっとしゃがんでいたのでした。

 

結石の種類によっては、形がトゲトゲとげとげしていて

膀胱粘膜を傷つけてしまうため、血尿になったり痛みを伴うことで

飼い主さんが異常を感じて来院されます。

後日ちゃんと判明するのですが、

今回の石は「ストルバイト」という種類の結石でした。

丸い形の結石が作られるため、

血尿や痛みによる元気食欲の低下といった

ひどい症状は起こりにくく、

そのために発見が遅くなってしまいました。

 

膀胱結石がある場合、

膀胱炎を治療する薬で頻尿や残尿感といった症状が

良くなったとしても効果は一時的なものです。

結石が残っている限り再発を繰り返し、

治ることはありません。

 

手術で諸悪の根源である膀胱結石を取り除いてあげることで、

すっきり症状を治してあげることができます。

ももちゃんも膀胱結石の摘出手術を頑張りました。

手術した数日後には、おしっこの頻度・しゃがんでいる時間は激減しました。

お母さんは「今までこの子にしんどい思いをさせていたんですね。

申し訳なく思います。」とおっしゃっていました。

 

 

ちょっとした軽い、単純な病気・異常であれば

1週間程度時間が経つと自分で治してしまうことも多いです。

逆に、1ヶ月以上症状が続いている場合、

単純ではありません。

原因に対する診断・治療が必要だと考えます。

 

そのままで良化することがないのであれば、

早くに確定診断・治療をしてあげることで、

動物がしんどい思いをする期間を

短くしてもらえたらと思います。

 

1ヶ月以上、確定診断がないまま、

治療を続けたり様子をみてしまっていませんか?

まずはお電話、メール(→)からでも

お気軽にご相談下さい。

℡:082-434-9177

メール:コチラのFacebookから

 

 

  1. ももちゃんの場合、尿検査では膀胱結石の成分(結晶)は

検出されませんでした。

これは比較的大きな膀胱結石を持つ

わんちゃんや猫ちゃんでは多く経験することです。

尿検査だけで安心するのではなく、

レントゲンやエコー検査といった画像診断を組み合わせないと、

膀胱結石に気付けないことも多いと感じています。

 

PPS. 実はももちゃんは手術前の血液検査で

腎臓の数値が基準値よりわずかに悪化していましたが、

膀胱結石を手術で摘出することで数値は基準値内に戻りました。

膀胱にたくさんいた細菌が腎臓まで上がってきて

腎臓に悪さをして、腎盂腎炎を起こしかけていたと思われます。

膀胱炎だけでは命に関わることはありませんが、

腎臓がやられてしまうと命に関わります。

膀胱炎くらい、と軽く見ていてはいけませんね。。